Search


Category Archives

2006年09月27日

土地があればどこでも?

結論から言うと。。何処でも住宅が建てられるわけではありません。
過去ログにも書いてありますが、日本という国は物凄い法律で雁字搦めされているんです。

農振法、農地法、都市計画法、建築基準法、建築協定などなど。。
全ての法律をクリアして初めて建築が可能になります。

まずは、あなたが住宅を建てようとしている土地の性質を知る必要があります。
土地の登記簿謄本を取り、地目、地積、所有権、抵当権など基本的なことを知りましょう。

そして、住宅を建てたいなと思っている土地が存在する役場、市役所の都市計画を管理している課を尋ね、市街化区域、市街化調整区域の別を確認しましょう。

この、市街化区域、市街化調整区域の別が肝心です。
もし、市街化調整区域だとしたら。。。半分諦めましょう。。
出きるだけ、市街化区域内の土地を探して下さい。
市街化区域の土地が一番簡単で早道ですから。。

って、ことで今日はこの辺で。。次回をお楽しみに v^-^v

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(The 宅建! にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form